草津・万座エリア

エリアの特徴
このエリアは「日本国道最高地点:標高2,172m」のある志賀草津道路(国道292号)を縦断するルートになります。群馬県と長野県を二分する渋峠には渋峠ホテルがあり、横手山スキー場も隣接し、ゴールデンウィークには春スキーのメッカにもなっています。また眼下には日本三名泉に数えられる「草津温泉」と海抜1,800mには白濁と硫黄泉の「万座温泉」が控えています。

草津・万座エリアマップ

稜線上の見どころ
渋峠から毛無峠まで一般道距離は18km。特に渋峠から見下ろす芳ヶ平湿原その先には大平湿原のワタスゲ、モウセンゴケと強酸性を好むチャツボミゴケが自生しています。ここはなんといっても壮大な緑の海原が素晴らしく、途中山田峠、万座温泉を過ぎ万座峠にさしかかると群馬百名山のひとつ「御飯岳:2,160m」が顔を覗かせます。ルート終点の「毛無峠」に立つと、眼下には「小串硫黄鉱山跡」がノスタルジックに映ります。

山旅モデルコースレポート

たまにはのんびり山の恵みを
温泉で体感!紅葉の草津温泉

日本三名泉のひとつ、草津温泉は温度が極めて高く、酸性泉で知られており、自然湧出量は日本一を誇ります。温泉の西側にそびえる草津白根山の恵みでもある名湯に身を委ねて、ゆっくり羽を伸ばしてみませんか。

紅葉の草津温泉

おすすめモデルコース

チャツボミゴケ公園〜渋峠コース

難易度 初・中級 歩行時間 4時間10分

草津白根山の北東に広がる湿地群を縦走するコースです。登山口のチャツボミゴケ公園から、初夏にミズバショウの咲く大平湿原、池塘が点在する芳ヶ平湿原を越え、ゴールの渋峠を目指します。ゆったりとした登山道が続くので……

チャツボミゴケ公園〜渋峠コース

その他のルートも近日公開予定!

危険箇所や注意事項
このエリアは唯一「全ルート=一般道=自動車道」となっており、特に「渋峠〜万座三差路」間は志賀草津道路(国道292号)の現道を歩行しますが、歩道は無く、走行する車やオートバイはハイスピードで走行し、運転手は周りの美しい景色に眼を奪われ、特に濃霧時には歩行者の確認も遅れ、カーブも多く、交通事故危険箇所になりえます。わが身を守るには視認性の善い服装で歩きたいところです。

温泉情報

草津温泉

草津温泉

Kusatsu Onsen

日本三名泉に数えられ、温泉街の真ん中にはシンボルとなる湯畑が広がっています。草津温泉全体では、毎分3万2300リットル以上、1日にドラム缶約23万本分の湯が湧き出ていて、自然湧出量は日本一を誇ります。西の河原露天風呂をはじめ、御座之湯や大滝乃湯など、特徴的な日帰り入浴施設がたくさんありますので、湯巡りを楽しむのもおすすめです。
0279-88-0800(草津温泉観光協会)
JR吾妻線長野原草津口駅からJRバス約25分。関越自動車道渋川伊香保ICから約1時間20分。

草津温泉観光協会WEB

万座温泉

万座温泉

Manza Onsen

万座温泉は上信越高原国立公園内に位置し、海抜1800mの高山温泉郷です。1日540万リットルの湯量を誇り、特徴は20種を越える豊富な泉質。白濁としたなめらかな湯から、しっかりした硫黄泉まで、さまざまな湯を楽しむことができます。
0279-97-4000(万座温泉観光協会)
JR吾妻線万座・鹿沢口駅から西武観光バス約45分。関越自動車道渋川伊香保ICから約1時間50分。

万座温泉観光協会WEB

半出来温泉

半出来温泉

Handeki Onsen

1軒宿「登喜和荘」があり、源泉掛け流しの温泉が楽しめます。一風変わった露天風呂が自慢で、昔、農家で味噌を仕込んでいた味噌樽を使った「樽風呂」があります。素朴な雰囲気に日々の疲れが癒やされる温泉です。
0279-97-3373(登喜和荘)
〒377-1521 群馬県吾妻郡嬬恋村今井97-1

半出来温泉 登喜和荘WEB

GoogleMapを開く

観光とグルメ

チャツボミゴケ公園

観光・アクティビティ

チャツボミゴケ公園

0279-95-5111
〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町大字入山13-3

チャツボミゴケ公園WEB

草津温泉 時間湯体験

観光・アクティビティ

草津温泉 時間湯体験

0279-88-2508(千代の湯)
〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津

草津温泉 時間湯体験WEB

とんぼ玉創作体験

観光・アクティビティ

とんぼ玉創作体験

0279-88-0050(草津ガラス蔵2号館)
〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津483-1

草津ガラス蔵WEB

温泉まんじゅう

グルメ

温泉まんじゅう

「湯LOVE草津」WEB

草津味うどん

グルメ

草津味うどん

0279-88-2067(草津町商工会)

ページトップへ