たまにはのんびり山の恵みを温泉で体感!紅葉の草津温泉

日本三名泉のひとつである、草津温泉。温度が極めて高く、酸性泉で知られるお湯は、自然湧出量日本一!草津温泉が名湯に恵まれているのは、すぐ西側にそびえる、草津白根山のおかげです。
その草津白根山のひとつ、本白根山は、噴火の影響により現在入山規制中ですが、草津温泉街は、変わらず元気に温泉客を楽しませてくれています。山の恵みに身を委ねて、ゆーっくり羽を伸ばしてみませんか。

※本白根山は、噴火のため現在入山規制中です。
※草津温泉街と本白根山とは5キロメートル以上離れており、現在のところ被害やその他の影響はありません。

本白根山入山規制解除の後、改めて、大自然が作る壮大な景色を楽しめる
本白根山ハイキングルートをご紹介する予定です。

コース紹介

草津温泉のシンボル、湯畑からスタート

「熱乃湯」の湯もみショーで、湯もみ体験

足湯カフェ「草菴」で、のんびりランチ

創業明治十年、老舗「奈良屋」で、
旅の疲れを癒す

熱帯の動物たちとふれあえる「草津熱帯圏」

草津みやげに、「湯あがりかりんと」
と「龍の舞」

立ち寄り湯、共同浴場で、
からだの芯まで温まろう

1草津温泉のシンボル、湯畑からスタート

草津の湯畑
かわいいマンホール
湯畑と樋と湯の花

草津の温泉街の中心にあり、もうもうと湯気をたたえている湯畑には、湯温を下げる役目があります。草津の源泉は温度がとても高く、だいたい50度から、高いところでは95度もあるそうです。水でうすめると温泉の効能も薄れるため、湯畑の木の樋(とい)に流して温度調節をするとともに、湯の花の採取もしています。
その昔、ヤマトタケルが東国征伐の帰途に、この地で温泉を見つけた、という逸話が草津開湯伝説といわれていますが、鎌倉時代には源頼朝による開湯伝説も。その後、歴史に名を馳せた人物から昭和の大スターまで、じつに様々な人々が草津温泉を訪れています。その名を百人ピックアップしたものが、湯畑を囲む石柵に刻名されています。散策しながら、草津の歴史を追ってみましょう。

徒歩1分

2「熱乃湯」の湯もみショーで、湯もみ体験

湯もみショー

湯畑の他に、温泉の温度を調節する方法として、六尺板でお湯をもむ「湯もみ」があります。湯もみには、温泉に入る前の準備運動の役目もあるんですよ。湯畑目の前にある熱乃湯では、湯もみの見学と湯もみ体験ができます。
平成27年に立て替えられたばかりの建物は、木材をふんだんに使った温かい雰囲気。中央には湯船があり、その周りをコの字型に客席が囲みます。司会の軽快なトークにのせて、湯もみ娘たちが「草津節」を唄い、六尺板をリズミカルに鳴らしながら動かします。湯もみ体験に参加しましたが、意外と難しい!そして疲れる!湯もみ体験に参加した人は、賞状がもらえますよ。
毎日開催される、「湯もみと踊りショー」の他にも、毎夜20時からプロの噺家さんが湯気越しに一席披露してくれる「草津温泉らくご」、草津町のサッカークラブ「ザスパ草津チャレンジャーズ」の選手たちによる特別講演「ゆもみくんショー」も注目です。
草津よいとこ 一度はおいで〜♪

湯もみクライマックス
湯もみ体験
湯もみ体験で賞状がもらえる

スポットデータ

熱乃湯
0279-88-3613
〒377-1711 吾妻郡草津町草津414
営業時間は年中無休(メンテナンスによる休業あり)
「湯もみと踊りショー」は毎日6回公演、大人600円、小人300円。「草津温泉らくご」は毎夜20時から、大人1000円、小人500円。その他の演目や公演時間については、熱乃湯ホームページでご確認ください。

熱乃湯WEB

徒歩2分

3足湯カフェ「草菴」で、のんびりランチ

足湯カフェ「草菴」で、のんびりランチ
がっつりメニュー「上州もち豚丼」
カジュアルな温泉宿「湯畑 草菴」の1階カフェ
上州もち豚丼いただきます

湯畑目の前、おみやげ屋さん横の細い通路の奥にあるカジュアルな温泉宿、「湯畑 草菴」。1階がカフェになっていて、食事やスイーツを楽しむことができます。湯もみでひと運動した後の空腹には、がっつりメニュー「上州もち豚丼」がおすすめ。群馬のブランド豚、和豚もちぶたと、群馬県産の舞茸を玉ねぎと一緒に炒めて、ほかほかご飯に載せたスタミナ丼です。肉厚でジューシーな豚肉は、とっても柔らか。ご飯の上のきざんだ大葉と海苔がアクセントになっています。群馬県の郷土料理「おっきりこみ(※)」も人気メニュー。
食事の後は、玄関外の広い足湯に浸かりながら、のんびりコーヒータイム。宿の内風呂同様、湯畑の源泉を引いています。湯畑目の前の一等地ですが、入り口が奥まっているため、静かで落ち着いた雰囲気のなか、ゆっくり休憩することができます。
(※)幅広の生麺を、旬の野菜やきのこなどと一緒に煮込んだ料理


スポットデータ

足湯カフェ 草菴
0279-89-1011
〒377-1711 吾妻郡草津町118-1
営業時間は10:00〜ラストオーダー21:30。年中無休(メンテナンスのため2018年6月24日〜29日は休業)。

足湯カフェ 草菴WEB

徒歩3分

4創業明治十年、老舗「奈良屋」で、旅の疲れを癒す

創業明治十年、老舗「奈良屋」で、旅の疲れを癒す
和モダンを基調とした落ち着いた内装
源泉掛け流しの大浴場

そろそろ、お宿に向かいましょう。今回お世話になるのは、創業明治十年の奈良屋さんです。濃紺ののれんをくぐると、畳敷きの廊下や広い階段、昔ながらの帳場といった、老舗らしい佇まいで迎えてくれます。客室は、和モダンを基調とした落ち着いた内装。黒光りする立派な梁や柱を活かして重厚感を残しつつも、現代の感覚をふんだんに取り入れた空間で、贅沢な時間を過ごしましょう。
徳川将軍御汲上の湯と称されるこちらの温泉は、草津の6つの源泉の中で最古といわれる白旗源泉を引いており、専属の湯守と呼ばれる人が、温泉の温度と質を管理しています。温度が高く、強い酸性泉で知られる草津温泉。湯守の手で一晩寝かせることにより、薄めることなく温度を下げ、やわらかいお湯に仕上げます。24時間源泉掛け流しの大浴場は、御汲み上げの湯と花の湯の2つが男女時間交替性になっており、他に貸し切りのお風呂があります。現在の湯守は、6代目。明治十年から代々受け継がれて来た湯守の技を、心ゆくまで体感してください。
夜は、ライトアップされた湯畑をぶらぶらり。奈良屋さんは、湯畑すぐそばの好立地。夜になっても賑やかな草津の温泉街を楽しみました。

夜のライトアップされた湯畑をぶらぶらり

スポットデータ

奈良屋
0279-88-2311
〒377-1711 吾妻郡草津町草津396
日帰り入浴は12:30〜14:00。大人1200円、小人600円。年中無休(メンテナンスのため2018年6月24日〜29日は休業)。宿泊については、奈良屋ホームページまたは、お電話にてご確認下さい。

奈良屋WEB

町内巡回バスまたは、送迎バスで約3分徒歩約15分

5熱帯の動物たちとふれあえる「草津熱帯圏」

熱帯の動物たちとふれあえる「草津熱帯圏」

お宿の朝湯を堪能したら、今日も街に繰り出します。湯畑からぶらぶら歩いて15分。巨大なドームが特徴の草津熱帯圏を訪問。温泉の熱を利用して室温を高めに設定しており、普段なかなか見ることのない熱帯の植物や、動物たちを観察することができます。飼育している動物は、なんと約150種類!ヘビやワニを中心とした大型のは虫類から、色鮮やかな極彩色の鳥たち、それぞれ特徴の違うサルなど、とにかく生き物がたくさん。なかでも、カピバラのファミリーは大人気です。エサを購入して金網越しにあげてみると、モリモリと食べてくれました。
それぞれの動物の住処に、くすっと笑える紹介文や説明文が、たくさん下がっているので、読みながら回ると楽しいですよ。
1970年に開園した熱帯圏は、今年で48年目。フラミンゴ、テナガザル、ガビアルモドキ(ワニ)のなかには、開園当時からずっと元気に暮らしている長生きの個体がいるそうです。ぜひ、探してみてくださいね。

色鮮やかなフラミンゴ
大型のヘビ
大人気のカピバラファミリー
柵越しに餌やり体験も

スポットデータ

草津熱帯圏
0279-88-3271
〒377-1711 吾妻郡草津町草津286
営業時間は8:30〜17:30(入館は17:00まで)。年中無休。
大人1000円、高校生700円、小人600円。駐車場無料。草津町内なら、電話をすると送迎バスが来てくれます。

草津熱帯圏WEB

送迎バスで約3分徒歩約16分

6草津みやげに、「湯あがりかりんと」と「龍の舞」

新しい草津みやげ「湯あがりかりんと」と「龍の舞」

草津ほどの温泉地ともなれば、おみやげの種類もたくさんあります。定番の温泉饅頭も、もちろん美味しいけれど、今回はちょっと変わり種を探してみました。
西の河原通りの一角にある、「湯あがりかりんと」は、通常28種類のかりんとうを販売しています。何より目を引くのが、温泉街にちなんだ、カラフルで可愛らしい浴衣柄のパッケージ。味で選ぶか、柄で選ぶか…迷った末に、白いすり蜜がまるで湯の花のような湯の花かりんとうと、甘じょっぱい味がクセになる醤油海苔かりんとうの2つをチョイス。
湯畑に戻ると、「龍の舞」というお菓子の製作実演を発見しました。水分のない固い水飴を輪っかにして、伸ばしてはまとめ、伸ばしてはまとめ…を繰り返すうちに、髪の毛のように細い糸状になります。この段階で、飴の糸は16,384本。木の実を粉状にしたものや胡麻などを、この糸状の飴でくるっと包んで完成。中国の伝統銘菓だそうで、日本でこのお菓子を作れる職人さんは数人だけとのこと。サクっとしたと思ったら、口の中でゆっくり優しく溶ける不思議な食感をぜひ体験してみてください。

カラフルで可愛らしい浴衣柄のパッケージの「湯あがりかりんと」
固い水飴を伸ばして髪の毛のように細い糸状にした「龍の舞」
「龍の舞」の実演販売

スポットデータ

湯あがりかりんと
0279-82-5551
〒377-1711 吾妻郡草津町草津泉水505
営業時間は9:30〜17:30、不定休。

湯あがりかりんとWEB

伝統銘菓 龍の舞
027-380-2245
湯畑脇の足湯「ゆけむり亭」付近
営業時間は9:30〜17:00、不定休。

徒歩2分

7立ち寄り湯や共同浴場で、からだの芯まで温まろう

立ち寄り湯、共同浴場で、からだの芯まで温まろう
御座之湯二階にある45畳の大広間でほっと一息
御座之湯の木之湯
白旗の湯で草津のあつ〜いお湯を体験

せっかくなので最後にもう一度温泉に浸かりたいな…ということで、湯畑すぐの御座之湯へ。江戸時代から明治時代頃まで、草津で温泉宿を営む人々は、冬の間は酷寒を避けて別の場所に住んでいました。これを冬住みといい、御座之湯はその頃の木造建築を再現しています。杉板を使った「とんとん葺き」という造りの屋根や、漆喰の壁に、当時の趣を感じます。木之湯と石之湯という、それぞれ木と石を基調とした2つの浴場があり、どちらにも湯畑源泉と万代源泉の2種類の湯が張ってあります。お風呂から上がったら、2階にある45畳の湯源之間でほっと一息。窓から湯畑周辺の景色が一望できます。
草津のあつ〜いお湯を体感したい人は、御座之湯すぐの共同浴場、白旗の湯がおすすめ。何度もかけ湯をして、やっと入れるくらいの熱いお湯、これが草津温泉です!旅の最後まで、草津の名湯を楽しみ尽くしましょう。


スポットデータ

御座之湯
0279-88-9000
〒377-1711 吾妻郡草津町草津421
営業時間は7:00(12月〜3月は8:00)〜21:00(入館は20:30まで)。年中無休(メンテナンスによる休業あり)。
大人600円、小人300円。木之湯と石之湯は、一日ごとに男女交替制。

御座の湯WEB

白旗の湯
0279-88-0800(草津温泉観光協会)
〒377-1711 吾妻郡草津町草津
利用時間は5:00〜23:00。年中無休。無料。

白旗の湯WEB

GOALまとめ

草津温泉には、地元の人のための、無料の共同浴場が各所に点在しています。観光客も入れますが、洗い場が無いため充分にかけ湯をする等、マナーを守って利用しましょう。草津の温泉文化を肌で感じてみてください。
湯畑周辺は道が細く、駐車場も無いため、宿への移動以外は、車で乗り入れない方が無難です。宿の駐車場の利用時間が過ぎたら、バスターミナル近くの湯畑観光駐車場(有料)を利用しましょう。

GoogleMapを開く

グルメ情報

足湯カフェ 草菴

グルメ

足湯カフェ 草菴

0279-89-1011
〒377-1711 吾妻郡草津町118-1
営業時間は10:00〜ラストオーダー21:30。年中無休(メンテナンスのため2018年6月24日〜29日は休業)。

足湯カフェ 草菴WEB

湯あがりかりんと

グルメ

湯あがりかりんと

0279-82-5551
〒377-1711 吾妻郡草津町草津泉水505
営業時間は9:30〜17:30、不定休。

湯あがりかりんとWEB

伝統銘菓 龍の舞

グルメ

伝統銘菓 龍の舞

027-380-2245
湯畑脇の足湯「ゆけむり亭」付近
営業時間は9:30〜17:00、不定休。

体験・スポット情報

熱乃湯

体験・スポット

熱乃湯

0279-88-3613
〒377-1711 吾妻郡草津町草津414
営業時間は年中無休(メンテナンスによる休業あり)
「湯もみと踊りショー」は毎日6回公演、大人600円、小人300円。「草津温泉らくご」は毎夜20時から、大人1000円、小人500円。その他の演目や公演時間については、熱乃湯ホームページでご確認ください

熱乃湯WEB

草津熱帯圏

体験・スポット

草津熱帯圏

0279-88-3271
〒377-1711 吾妻郡草津町草津286
営業時間は8:30〜17:00(入館は17:00まで)。年中無休。
大人1000円、高校生700円、小人600円。駐車場無料。草津町内なら、電話をすると送迎バスが来てくれます。

草津熱帯圏WEB

温泉

法師温泉

温泉

奈良屋(日帰り可)

0279-88-2311
〒377-1711 吾妻郡草津町草津396
日帰り入浴は12:30〜14:00。大人1200円、小人600円。年中無休(メンテナンスのため2018年6月24日〜29日は休業)。宿泊については、奈良屋ホームページまたは、お電話にてご確認下さい。

奈良屋WEB

御座の湯

温泉

御座之湯(日帰りのみ)

0279-88-9000
〒377-1711 吾妻郡草津町草津421
営業時間は7:00(12月〜3月は8:00)〜21:00(入館は20:30まで)。年中無休(メンテナンスによる休業あり)。
大人600円、小人300円。木之湯と石之湯は、一日ごとに男女交替制。

御座の湯WEB

白旗の湯

温泉

白旗の湯(日帰りのみ)

0279-88-0800(草津温泉観光協会)
〒377-1711 吾妻郡草津町草津
利用時間は5:00〜23:00。年中無休。無料。

白旗の湯WEB

ページトップへ