新着情報

極上の冬を体験!チャツボミゴケ公園をスノーシューで歩く

2018.12.11

雪に閉ざされる冬でも、安心して山を歩けるスノーシューをご存知ですか?
今日は専門ガイドがご案内するスノーシューツアーをご紹介します。

「群馬の山旅」でも、チャツボミゴケ公園~渋峠コースとしてご紹介している、中之条町入山のチャツボミゴケ公園。毎年、営業期間は5~11月に限られていますが、冬季閉鎖中でも、スノーシューツアーの参加者にのみ、入園が許可されています。

チャツボミゴケ公園の一帯は、2017年2月に、群馬鉄山の鉄鉱石の鉱山跡、「六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地」が文化財保護法に基づく国の天然記念物に指定され、東アジア最大級ともいわれるチャツボミゴケの群落には多くの人が訪れています。生き生きとした緑の景色とは一変、一面の白銀の世界をスノーシューで散策すると、圧倒的な白の世界の幻想的な美しさに目を奪われます。

冬のチャツボミゴケ公園

冬のチャツボミゴケ公園

ツアーは、JR長野原草津口駅に集合後、専用車で移動。足跡ひとつない雪の絨毯の上をスノーシューを履いて約5km歩きます。地元、六合エリアに暮らす専門ガイドがご案内するので、スノーシューを初めて履く方でも安心です。さらに、地元の食材を利用したお弁当もお楽しみです。

今年度の設定期間は、2019年1月5日~3月31日まで。このツアーに参加する前日または当日に中之条町内(六合温泉郷、四万温泉、沢渡温泉など)に宿泊される方には、旅行代金から1,000円のキャッシュバックもあります。

詳しくは
中之条町観光協会
旅なかのじょう

新着情報一覧に戻る