新着情報

赤城山・冬のお楽しみ/氷上ワカサギ釣り解禁!

2019.1.9

赤城山の冬の風物詩といえば、結氷した大沼の湖上で楽しむ氷上ワカサギ釣り。
今シーズンは、あさって1月11日(金)朝7時から全面解禁されることになりました!

標高1300mを超える大沼周辺では、この時期には日中でも気温が0度を下回る真冬日が続くことも珍しくありません。全面結氷し、ところによっては30cm以上の氷の厚さになることもあります。湖面には、パウダースノーよりも結晶が細かくてさらさらした「アスピリンスノー」が降り積もる、太平洋側では珍しい光景を目にすることもできます。
氷の湖上に立つだけでもワクワクするのに、氷にドリルで開けた穴から釣り糸を垂らしてワカサギを釣るというのも、他ではなかなか味わうことのできない体験です。釣り竿などの道具は、大沼湖畔のお店で販売、レンタルしていますので、初めての方でも安心です。「カタツムリ」と呼ばれる半円形のテントを湖上に並べて、その傍らでワカサギ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

赤城山雪まつり

2月2日(土)9時~14時半には、大沼をはじめとした赤城山頂エリアで、赤城山雪まつりも開催されます。

気温がマイナス10度以下になることも考え、暖かくしておでかけください。
また、雪の山道の運転が心配な方、冬タイヤ等のご用意がない方は、JR前橋駅、道の駅ふじみ(富士見温泉)からの路線バスもオススメです。

詳しくは・・・
AkagiTrip(運営:NPO法人赤城自然塾)
赤城山雪まつりについては
(公財)前橋観光コンベンション協会

新着情報一覧に戻る