新着情報

もうすぐ7月、谷川岳ウィーク!

2019.6.24

谷川岳(2017年6月撮影)

関東地方は梅雨の真っ最中ですが、谷川岳ではもうすぐ山開きを迎えます。

7月7日(日)早朝の山開き、7月2日(火)の谷川岳の日に合わせて、7月1日から7日までの一週間は、「谷川岳ウィーク2019」として、山旅シーズンの幕開けにふさわしいイベントが目白押しです。

谷川岳エコツアーカーニバル
7月6日(土)には、谷川岳周辺で2つのエコツアーが実施されます。自然を楽しみながら、自然について学ぶことができる上に、参加日もリーズナブルですので、お試し体験にもおすすめです。各コースとも、お申し込みは7月1日(月)までに、みなかみ町観光協会へ。
■谷川岳山岳資料館に9時30分集合、9時45分頃出発
■参加費:町内に宿泊される方 720円、日帰りでお越しの方 1,977円(当日受付時に現金にて支払い)
■定員:各20名
■エコツアー
(ツアー1)カフェ&スイーツin虹芝寮
認定ツアーでしか入れない山小屋で町内スイーツを堪能できます。
(15時30分頃解散)
(ツアー2)大自然を満喫!天神平花ハイキング(昼食付き)
様々な花が咲き誇る天空の楽園、天神平をガイドがご案内します。
※参加費のほか、ロープウェイ往復料金(2,060円)が必要となります。
(14時頃解散)

7月2日は「谷川岳の日」で72企画
谷川岳ウィークの期間中、みなかみ町内の参画宿泊施設に1泊7,200円の特別料金で泊まれる企画が実施されます。それぞれ、予約の際に「72企画で!」と伝えるだけでOKとのこと。
参画施設や利用条件など、詳しくは、みなかみ町観光協会の特設ホームページをチェックしてください。

7月7日(日)早朝は山開き
 早朝4:00からは、かがり火に導かれて暁の山開き神事が催されます。モグラ駅とも呼ばれる土合駅では、かがり火、キャンドル、三國太鼓がお出迎えします。豚汁のサービスもあります。
この日は谷川岳ロープウェイも5時から運行され、朝からたっぷり谷川岳を楽しめます。
さらに、谷川岳肩の小屋では、8時から豚汁が先着150名に振る舞われます。
また、一ノ倉沢では10時から、大自然に抱かれながらの野点会が開催されます。谷川岳ロープウェイのベースプラザ駅から徒歩約1時間ですので、大岩壁のもとで野点を楽しんではいかがでしょうか。

天神峠からの眺望(2017年6月撮影)

雪を抱く谷川連峰の美しさを是非!(天神峠にて2017年6月撮影)

くわしくは、みなかみ町観光協会のこちらのWebサイトで。

新着情報一覧に戻る