新着情報

ロープウェイで標高2,000mへ!コマクサの咲く日光白根山

2019.7.1

日光白根山

「もっと群馬の山旅」でもご紹介している日光白根山は、片品村と栃木県日光市にまたがって聳える、日本百名山の一つです。2,578mの標高は、関東以北では最高峰。関東1都6県で最も標高が高い山、これより高い山は東北・北海道地方にはありません。

そんなに標高の高い山では、登るのも大変そうと思われるかもしれませんが、日光白根山は、群馬県側の丸沼高原から標高2,000mまでロープウェイで登ることができます。2.5kmの道のりを、ロープウェイなら約15分。日光白根山の山頂までは、ここから往復5~6時間の行程です。
ロープウェイの山頂駅周辺には、高山植物園「ロックガーデン」が整備され、この季節はコマクサが見ごろを迎えています。

コマクサ

コマクサは「高山植物の女王」とも称され、他の植物が生息できない砂礫地にも自生し、可憐なピンクの花を咲かせています。「ロックガーデン」では、例年、7月中はコマクサを楽しむことができます。

天空の足湯

ロープウェイの山頂駅周辺には、「天空の足湯」や、展望台を兼ねた「天空テラス」もありますので、高山植物を愛でた後も楽しめます。

ロープウェイの運行状況など、詳しくは、丸沼高原のWebサイトをご覧ください。

新着情報一覧に戻る