新着情報

梅雨空に咲くノゾリキスゲ/天空の湖・野反湖

2019.7.18

ニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)

湖面の標高が1500mを超えることから「天空の湖」とも呼ばれる中之条町の野反湖。この季節、野反湖周辺では、ノゾリキスゲが見ごろを迎えます。ニッコウキスゲと呼ばれることの多い多年草、ゼンテイカは、このあたりではその地名から、ノゾリキスゲと呼び習わされています。

ノゾリキスゲ(2019年7月6日撮影)

ノゾリキスゲ(2019年7月6日撮影)

例年まれにみるほど日照時間が少なく、低温傾向の今年、地元の方によると、5分咲き程度ということですので、もう少しノゾリキスゲの可憐な花を楽しめそうです。

ノゾリキスゲ(2019年7月6日撮影)

ノゾリキスゲ(2019年7月6日撮影)

雨が続いているため、群生地に向かう歩道や湖畔の歩道も、ぬかるんでいるところが多々あります。足を取られて転ぶことのないように気を付けて散策してください。また、写真を撮る際にも植生に立ち入ることのないよう、お願いします。

 

詳しくは・・・
中之条町観光協会
野反峠休憩舎花の駅

新着情報一覧に戻る