新着情報

氷の湖上で公魚(ワカサギ)を釣る/赤城山大沼冬のお楽しみ

2020.2.13

赤城山の冬の風物詩、赤城大沼の氷上ワカサギ釣り。
1月31日(金)朝7時からは再度解禁となり、今年も氷の上からワカサギを誘う、冬の赤城ならではの体験を楽しむことができます。

一面の氷に覆われた大沼の様子は、日本ではないかのよう。氷の上に立つだけでも日常ではないことだけに、心が躍ります。そんな壮大な景色とは対照的に、氷上にドリルで開けた穴は小さく、ここから釣り糸を垂らすと、氷の下を泳ぐワカサギの姿が目に浮かびワクワクします。

釣り竿などの道具は、大沼湖畔のお店で販売、レンタルしていますので、防寒対策をしっかりしていれば、特別な準備は要りません。初めての方でも、お店の方に釣り方を教わることができるので、安心です。

なお、赤城大沼周辺は標高1300m以上。ここに至る道路では、凍結や積雪対策が必要ですので、JR前橋駅、道の駅ふじみ(富士見温泉)からの路線バスを利用されるのもオススメです。

詳しくは・・・
AkagiTrip(運営:NPO法人赤城自然塾)
赤城山雪まつりについては
(公財)前橋観光コンベンション協会

新着情報一覧に戻る